【ネタバレ注意】経営者にオススメの映画「おとなの事情」

※この記事には多少ネタバレ要素が含まれています。これから「おとなの事情」をご覧になる方は読まないでください。

(1)基本情報

  • タイトル:おとなの事情
  • 制作国:イタリア
  • 監督:パオロ・ジェノヴェーゼ
  • 出演:ジュゼッペ・バッティストン, アンナ・フォッリエッタ, マルコ・ジャリーニ
  • ジャンル:コメディ, ドラマ

 

(2)あらすじ(Amazonの紹介文より引用

長年の友人である3組の夫婦と一人の友人、七人が集まった夕食会。ひとりの女性が提案する。「私達本当に友達かしら?お互いが信用できるなら携帯電話を見せ合わない?」

 

(3)経営者へのおすすめポイント

1:絶対に夫婦・恋人同士で見ないで下さい

まず、経営者の皆さんに申し上げたいのは、夫婦同士、恋人同士で見る事は避けていただきたいと言うこと。特に、携帯電話を見られたらまずい、何かやましいことがある社長さんは、絶対に見ないでください。

「携帯電話を見られても何もやましい事は無い! 好きなだけみんしゃい!」という自信がある方だけ、愛するパートナーさんと一緒に見に行ってください。

 

2:二つのオチ、あなたはどっちを選ぶ?

ネタバレになるので、あまり詳しく書けないのですが、この映画はオチが2つあります。この2つのオチが、鑑賞後の私に、何とも言えないモヤモヤ感を突きつけてきました。この手法には参った! 降参です。

もし結末を選べるとしたら、あなたはどっちを選びますか?

僕は…波風が立たない方を選んじゃいますかね……。

 

3:ジャンルに「コメディ」って書いてあるけど

物語が進むにつれて、だんだん笑えなくなってきます^^;

……いや、笑っていいのかな?

結末は見ようによってはかなり悲惨ですが、あくまで映画の鑑賞者として、登場人物たちの部外者として見ればこれほど面白い、笑える結末はない、のかもしれません。……と書きながら、この映画の結末を「面白い、笑える」と書くことで、私の性格が世間からどう見られるか? ということを気にしているのであります。

登場人物たちは40〜50歳代くらい(と思われる)のですが、さらに歳をとって70歳代以上のおじいちゃん、おばあちゃんになって再会したら、「笑い話」として、穏やかにこの夜のことを振り返られるのかもしれません。

 

4:「人の女房と枯れ木の枝は、一度乗るのも命がけ」

という言葉が落語の「紙入れ」という演目に出てきます。

不倫とか浮気は、盛り上がってる最中はいいんでしょうが、最終的には修羅場になり、社会的地位、ひどい時には命まで失いかねない事態になる……ということをまざまざと見せつけてくれる映画でもあります。

 

5:男性社長さん、うまくいってる時ほど、兜の緒と褌をしっかり締めていただきたいです

経営コンサルタントとして様々な経営者の方とお付き合いし、その事業や人生の浮き沈みを側で見させていただきました。(私も散々、浮かんだり、沈んだり、沈んだりしてきました。)

僭越ながら、(私自らに対する自戒の意味も込めて)事業がうまく行っている時ほど、既婚の男性社長さんは褌(ふんどし)をしっかり締め直していただきたいと思います。

私の経験上、事業がうまくいき、お金と時間ができると、ほとんどの男性経営者は女性に走ります。「軽い遊び」で済めば良いですが、そうならずに修羅場に発展し、会社と家族に大ダメージを与えてしまう社長さんも、中にはいらっしゃるようです。

「家以外では褌(パンツ)を脱がない!絶対に脱がないぞ!」
と心に誓う。それくらいの気持ちでいてもいいとお思います。

 

6:結論「人の携帯なんか見ないほうがいい」

と、私はこの映画を見て思いました。登場人物たちは、ちょうど私と同じ位の年代(40代から50代位)です。40年も生きているとですね、人には言えない、家族や親友にも隠しておきたい秘密が、大なり小なりあったりするものです。

いくら気心のしれた親友同士だからって、夫婦だから、恋人同士だからって、秘密を全て暴露し合うのは、得策ではない、と個人的には思います。

 

6:妻と2人で日本版「おとなの事情」を見に行きます

私の妻(1970年代生まれ)は中学生の頃より、少年隊の東山紀之さんの大ファンなのであります。その東山紀之さんが、この「おとなの事情」の日本バージョンの主演をされると言うことで、近いうちに夫婦で見に行こうと思っています。それに先駆けてイタリア版を一人で見てみました。(妻は見ていません)

冒頭で「夫婦で見に行かない方がいい」と言っておきながら、僕は夫婦で見に行きます。だって、別に、妻にスマホを見られても、やましいことは全然ありませんから!

ただ、映画館に行く前に、今一度、スマホの中身を見直ししておこう……とは思っています!