経営者におすすめの小説 『夜行観覧車』 湊かなえ・著

前回のブログで、

元日に実家でとっている某新聞の占いコーナーを見ますと、

6月生まれの私の今年の運勢は、「暗闇の中から、新しい価値観を見出す」とありました。

と書きました。

そして、マジで新年早々、闇と向き合わされる体験・第二弾がありましたので、

レポートさせていただきます。

我が娘よ…新年早々、ヘビィな本、読んどるじゃない…

正月の元旦と2日、我が家の長女(高2)が、

寿司だのすき焼きだののご馳走を賞味するのもそこそこに、

えらく熱心に、ある文庫本を読んでいるので、

「なに読んどるん? 読み終わったら貸して」

と頼みました。で、

「ええよ」

というわけで貸してもらったのが、こちら。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

湊かなえ著 「夜行観覧車」

いやー、INSIDEにつづき、新年早々の闇! 第二弾! でございました。

一晩で、一気読みしました。

「長時間、同じ姿勢で一点を凝視してはいけません」

と、通っている鍼灸の先生に注意されているのですが、

目が離せなかった!

おかげで、新年早々、肩と首がバキバキでございます。

「やるせねぇなぁ」と、思わずつぶやくストーリー

この「夜行観覧車」、どんなストーリーかと申しますと、

父親が被害者で、母親が加害者ーー。高級住宅地に住むエリート一家で起きたセンセーショナルな事件。遺されたこどもたちは、どのように生きていくのか。その家族と、向かいに住む家族の視点から、事件の動機と真相が明らかになる。

(引用:文庫のカバーに載っていたあらすじより)

読後、私と長女の間で交わした感想は、
私  「…やるせねぇなぁ」(※筋肉少女帯「高円寺心中」の口調で)

長女 「…やるせないね〜」

新年早々、父と娘は、深いため息をついたのであります。

 

なにが欲しい? 学歴? 職業? 収入? ルックス? 家?

この作品には、様々な「持つ者」と「持たざる者」が出てきます。

 

「持たざる者」は「持つ者」を目指して努力します。

結果的に「持つ者」になったけど、逆にそれが不幸の呼び水になったり、

あるいは求めたが手に入らず、「持たざる者」のままで、

「持つ者」を妬み、僻み、卑屈になって性格が歪んだりします。

 

逆に「持つ者」がほんの小さなボタンの掛け違いで、

一瞬で全てを無くしてしまったり、

「持つ者」だと、みんなから羨ましがられていたのに、

実は、心の中にぽっかりと大きな穴を持っていたりします。

 

私を幸せにしてくれるものは一体…?

人は皆、幸せになるために生きています。

経営者も、幸せになるために会社を経営している。

でも、その「幸せ」って、なんなんでしょうね。

……ということを、考えさせられる作品でした。

 

経営者は、従業員や社外に対して、

なんらからの「価値観や理想」を示さないといけない存在です。

そして、そこに向かって従業員や家族を連れて、

進んでいかないといけない。

 

しかし時として、経営者が「正しい」と思っている価値観が、

従業員や家族、そして世の中の流れのそれとリンクしていないことがある。

大きなギャップが生じていることがあるんです。

そこに、摩擦が生まれ、問題やトラブルが生まれやすくなります。

 

そのギャップに気づかずに進んでいく経営者もいるし、

そのギャップに気づいているけど、あえて気づかないフリをしてすすむ経営者もいる。

あるいは、ギャップの大きさに途方に暮れて、足がすくんで立ち止まってしまう経営者もいます。(←西山はこうなりやすいタイプです)

 

そんな時は、こんな冷静さを持ちたいな…と、「夜行観覧車」を読んで思いました。

 

「自分は”何か”に囚われすぎていないか?」

「夜行観覧車」に出てくる登場人物は、

みんな「幸せ」を目指して必死に生きている。

でも、「何かが違う」んです。

 

この作品から得られる「モヤモヤ感」を解明することは、

一生かかっても無理だと思います。

 

しかし、一つだけ、肝に銘じたいのが、

「何かの価値観に囚われすぎて、

周囲の人と自分の間に、無用な摩擦を起こしていないか?」

と、”客観的になろうとする努力”をしよう、ということ。

 

「最近、どうも従業員や家族とソリが合わない」

という経営者さんに、おすすめの一冊です。

 

「夜行観覧車」に出てくる人は、みんな「いい人」なんです。

登場人物は、基本的に、みんな「いい人」です。

心根まで腐ったような悪人は、一人も出てこない。

だからこそ切ない。

「いい人」ゆえに、誰かのために頑張って、頑張りすぎて、

それが逆に周囲との摩擦を生み、

最後は、とんでもない結末を迎える…。

「ああ、やるせねぇなぁ…」

こんなやるせなさは、小説の中だけにしておきたいものです。ハイ。

 

というわけで、

湊かなえ著「夜行観覧車」をご紹介しました!