新マニュアル:先生(ホスト)の画面で固定する「スポットライトビデオ」

私がお手伝いしているKさんの学習塾のオンライン授業で、

生徒さんからこんなクレームをいただきました。

「先生の画面が出てこない!」

英語の授業で、先生が単語カードを見せながら、

「これは何と読みますか? わかった人は答えてみて!」

と生徒さんに問いかけた時に事件は起こりました。

スマホ端末で見ていた生徒さんが、

そのカードを読もうとすると、

他の生徒さんの顔が画面いっぱいに表示され、

読めなかった!

というのです。

zoomの初期設定では「発言した人の画面が大きくなる」

Zoomでは3人以上の複数人で授業(ミーティング)をすると、

発言した人の画面が一番大きく表示されます。

端末から入る音声に反応して、

画面が大きくなる仕組みになっているんです。

で、実際はその人が発言してなくても、

咳払いをしたとか

後ろでお母さんが「ごはんよー!」と叫んだとか、

窓の外をスポーツカーが爆音を轟かせて通り過ぎたりすると、

その人の顔が大きく表示されてしまうのです。

それで、冒頭にご紹介した苦情になったワケなのですが、

この解決策がわかりましたので、ご紹介します。

ホスト(先生)の特権! 「スポットライトビデオ」を活用しよう!

「スポットライトビデオ」を使えば、

常に先生(ホスト)の画面を、どの生徒さんの端末でも、

大きく表示させることができます。

これで、生徒さんの画面が急に大きく表示されて、

先生が出しているカードが見えないとか、

板書が見えない! と言った苦情はなくなります。

「スポットライトビデオ」のマニュアルを作りました

「スポットライトビデオ」のマニュアルをPDFにしました。

以下のリンクからダウンロードしてお使いください。