「よし! 自分の本を出すために原稿を書くぞ!」

と決意しても、3日坊主で終わってしまう・・・という方もいらっしゃるかと思います。

今日は、長い原稿を書き続けるためのコツをご紹介します。

書く場所を決める

ご自分で自費出版の原稿を書かれる場合は、

「原稿を書く場所」

をハッキリ決めておくことをお勧めします。

住宅事情もあると思いますが、

できれば「原稿を書く専用の場所」

を確保しておいた方が、

作業が進みやすいです。

本1冊分の原稿を書こうと思ったら、

よほどの天才でない限り、

1日、2日で書き上げることは不可能です。

多くの場合は何日もかけて原稿を書くことになります。

そこで、デスクの上にペンと原稿、

あるいはパソコンを常に置いておくと、

普段の生活の中で忙しくしていてもそれが目にとまり、

(あ、原稿の続きを書かないといけないな)

と、また作業に向かいやすくなります。

 

書く日時を決める

「●曜日の▲時から×時まで原稿を書く」

とスケジュールを決めておくのも良い方法です。

この時にぜひやって頂きたいのが、

「終了時間が来たらキッチリやめる」

ということ。

これをすると、

「続きを書きたくてウズウズする」

という心理状態になり、

次の日以降に作業にモチベーション高く入ることができます。

よろしかったら実践されてみて下さい。