自分史、自費出版をする際には、

「誰に読んでもらいたいか?」

ということを常に意識してください。

 

不特定多数の人に読んでもらう商業出版をするとしても、

具体的な”誰か”に向けて、

手紙を書くつもりで、

書かれることをお勧めします。

 

そうすることで内容がぶれにくくなり、

良い本ができやすくなります。